(^ .^)y-~~

アクセスカウンタ

zoom RSS 真実はどこに? 妄想劇場(^。^)

<<   作成日時 : 2011/07/24 19:12  

トラックバック 0 / コメント 0

以下に各電力会社の一覧を並べてみた。
じっくりと見ていると気づくことは無いだろうか。(当然、見るタイミングで状況は異なる)

私は常々「嘘」を疑っている。
それは昔からの常連さんならお分かりだろうが、今の電力問題・原発問題の騒動って、元々このプログで論争していた「タバコ」の時と何ら変わらない。

311以降、被災者は当然のこと、直接被害を被らなかった人たちでさえ他人事では居られなくなっている。
これらのことは当初から分かっていたことであり、更にはこれからの事もおおよその見当が付く。
一例として、ヴィルスでは隔離、放射能は移動OKで「直ちに影響はない」って、疑わない方がおかしい。

それらの根拠は既に消してしまったタバコ関連記事を含めた時系列で読んでもらえれば、理解できる人には理解できる。(当然!)

「思考の二極化」がもたらした当然の結果であり、本当の意味での結果はこれからである。(今も大いに進行中のこの件は、私は既にあきらめて他人事になっている。すなわち、ある意味もうこの国を捨てている)

電力に関しても記事に残っている通り早い内に予言をしていた。そして同様に原発の隠された今や、特定の企業に政府が振り回されている妄想なんて、総務省がブログやツイッターを検閲する?している?状況では怖くて書けない。
時期が来たらトボケて書こうとは思っているが、事実は知らない方が良いこともある訳で悩みどころでもある。

ちなみに、私は「未来の子供達のために・・・・」と言って制約をかける事が正しいと考えている人には違和感を感じる。エゴと言うか自己満足そのものに思えて仕方がない。
制約をかけて先延ばしにすれば、関わりの無い未来の人達に尻ぬぐいをさせているだけ。
本当は「今の自分のため」だけの輩も多くいるから面倒だ。タバコの時も大勢いたなぁー。

今があるから未来がある。今を止めたら未来に何を残す事になるのか。
それは「負」である。
美味しいところだけ使って残りカスを未来へ渡すより、残りカスさえ使い切る責任はあるはずだ。
それは「自分たちで終わりにする」と言う「破壊」をも含む。
環境破壊の末期を未来に譲るより、今の自分たちで終わらせた方が責任は取れる。

「原発が怖くて全廃」なんて騒いでいるが、目立たない・見たくない部分を無視した話しは、失わないと分からないのだろう。
事故があっても失う、事故が怖くて止めても失う。なら、何もしなければ良いだけだ。
但し得るものも無い訳だから、やはり失うことになる。
リスクを伴わないリターンがあるのなら教えて欲しいものだ。
ハイリターンを求めるのならハイリスクは当然付いてまわる。
これからの日本はローリスク&ローリターンを求めることになるのだろうか。
それでもリスクを問題視し、今と変わらないスパイラルが続くのだろう。
と言うことは、未来の子供達に残すものは無いに等しい訳だ。
正確には何をやっても「負」だけを残すことになる。


私は原発に対して賛成でも反対でもない。
ハッキリと言えることは、今の動きは被災して困っている人達を利用した便乗騒動であり、そこに群がり儲けようとしている構図が明確に見えているのに無視されていると言うことに尽きる。
必要としているものを必要としている人から取り上げる、それも特に困らない他人の集団が。
それらは電力問題にも顕著に表れている。
電気がどれだけの安全を確保しているのか。
産業も安全も必要だから伸びた訳で、無闇に縮小を誘導する安易な動きは放射能と同じで気づかぬ内にジワリジワリと後で効いてくる。
たぶん気づいた時には失ったものが大きすぎて手遅れになるでしょう。
恐怖、思考の二極化・・・。


追伸:政府もマスメディアも、意図的か結果的にかは別にして、当初から嘘が多すぎ。それも未だに続いている。
私個人としては、政府の御用学者に成り下がった一連の奴ら、原子力・放射能には殆ど無知なのに知識をひけらかし事実と違うことを広めた**彰を筆頭とする解説者、そして**彰の古巣のカニカニ詐欺のように受信料を取り立てに来る放送局、等々は後に検証し責任を追及されるべきだと考える。


毎々回、記事は書いても載せるタイミングを逃しているが、この話題は主導権を握る所が停滞または逸脱が激しいので、思い切ってあげてみました。



表示は参照元が形式を変更した時点で崩れますが、修正はしませなのでその場合はリンク先をご覧下さい。出典:Yahoo! http://setsuden.yahoo.co.jp/

東京電力の電力使用状況
東北電力の電力使用状況
関西電力の電力使用状況
中部電力の電力使用状況
九州電力の電力使用状況









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

お 知 ら せ

閉鎖・休止中
再開は未定です
真実はどこに? 妄想劇場(^。^) (^ .^)y-~~/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる